HOME > ABOUT > COMPANY
ABOUT
COMPANY会社概要・沿革

ベストパートナーであるために

アド・エヌのNをモチーフとした弊社のロゴは、このキャッチコピーから『つながり』『絆』をテーマに
広がりと勢いを感じられる土星のリングのような3つの輪から構築されています。

3色には、リーダーシップや情熱を表す「パッションレッド」、信頼や冷静さを感じさせる「クールブルー」、
協調性と安定性に優れ、相反する2つの色実をまとめる役割を果たす「バランスグレー」と、それぞれに意味が込められています。

「クライアント(お客様)」と「わたしたち」とを「広告」で繋ぎ、
より良いものを提案・実現させるベストパートナーでありたいと考えております。

PROFILE 会社概要
社 名 株式会社 アド・エヌ
代表者 代表取締役社長 中筋哲久
設 立 1966年2月
資本金 1,000万円
事業内容 広告業、小売業
所在地 【本社】
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町564 ADN江戸川橋ビル
03-3205-3081(平日10:00~18:00)

【関西支社】
〒530-0026
大阪府大阪市北区神山町1-5 扇町公園ビル802
06-6314-3081
従業員数 社員31名 / アルバイト7名(2022年1月現在)
関連会社 株式会社 デルタグラフィックス(デザイン・制作)
株式会社 光和(インテリアディスプレイ業)
加入団体 広告業協同組合
東京広告業健康保険組合
HISTORY 沿革
1966年2月 株式会社アド・エージェンシー・エヌ、中央区八重洲で設立登記。資本金150万円。
1971年3月 インテリア・ディスプレイ部門を分離設立して、株式会社アルファ企画を設立。
1973年6月 本社を千代田区内神田に移転。業態をクルマ(四輪・二輪・マリン)雑誌、広告中心に方向転換する。
1980年3月 通信販売業(株)チヨダを設立。
1983年10月 現在の四番町に本社を移転。
1988年4月 (社)日本雑誌広告協会に入会。
1989年9月 資本金450万円に増資。
1990年2月 南関東支社を町田市に開設。
1991年3月 ANCLレーシングチームを結成。MFJ関東ロードレース選手権シリーズFISCO大会を主催。
1991年8月 全日本ロードレース選手権を富士スピードウェイと共催。
1991年12月 関連会社(株)チヨダを(株)クリップに改称。
1992年5月 関西支社を開設。
1993月4月 社名を株式会社アド・エヌに改称。
1995年10月 資本金を1,000万円に増資。
1998年6月 関連会社(株)クリップを(株)デルタグラフィックスに改称。
1998年11月 台場にて開催される東京ベイサイドアウトドア&キャンピングフェスタの事務局となる。
1999年4月 埼玉キャンピングカー振興会の事務局となりチャリティーイベントを主催。現在も継続中。
2000年4月 広告業協同組合に入会。
2002年4月 全日本モトクロス選手権関東大会を支援。
2008年5月 三宅島復興イベントCHALLENGE MIYAKEJIMAの広報、運営を担当。
2009年12月 関西支社を神山町に移転。
2010年11月 西日本Zミーティング事務局となる。
2011年2月 FC事業オフィスコンビニ梅田東店を運営開始。
2011年9月 アミューズメント事業部開設。
2011年11月 自社オリジナルのダーツブランド「D.craft」立ち上げ。
2012年9月 スマホ初の3Dデコトラゲーム・iPhone用ソーシャルゲーム「デコトラの星」リリース。
2013年3月 ダーツブランド「YOSHIMURA BARRELS」を株式会社ヨシムラジャパンの協力のもと企画、運営を開始。
2014年3月 ラジオNIKKEI RN2にて、バイク好きのためのラジオ番組「ライダース」を開始。
2016年2月 創立50周年を迎え、会社ロゴを一新する。
2016年4月 BRIDGESTONE BATTLAX走行会の運営を開始。
2016年6月 世界的ダーツブランド「Harrows」の日本総代理店となる。
2018年2月 本社を新宿区早稲田鶴巻町に移転。
2020年8月 自社メディアとして、キャンプ系 Webメディア「CAMPLUS」を公開。
2021年1月 自社メディアとして、バイク系 Youtubeチャンネル「ステップ堀田のバイクチャンネル」を開設。
2021年3月 Office&Salon「ダーウィン神楽坂」を株式会社アンカーワークスと共同経営でオープン。
2021年4月 自社メディアとして、バイク系 Webメディア「Moto Connect(モトコネクト)」を公開。
2021年7月 自社メディアとして、ダーツ系 Youtubeチャンネル「HARROWSによる、HARROWSファンのための、HARROWSダーツチャンネル」を開設。
2022年1月 会社ホームページをリニューアル。